ファリネ

手汗手術かファリネか・・・。

 

緊張した時や少しの気温の変化によって、普通よりも多く汗をかいてしまう症状を一般に多汗症と呼びます。

 

手汗もその一つで、ちょっとした緊張や不安を感じた時に手のひらに多量の汗が出る症状を手掌多汗症と呼びます。

 

手掌多汗症とは

足、ワキ、背中、顔など。
手のひらに汗をかいてしまう多汗症を手掌多汗症と言います。
手掌多汗症のケースでは、人と手をつなぐ、握手をするという仕草に抵抗を感じたり、
いつも手元にハンカチを用意していないと不安になるという方も入るようです。
手のひらは女性の場合、美容の上でも大切な部位ですし、常に汗を感じたり、
周りの人を意識することで精神的にもネガティブになったり、
汗をかいていることを意識するとさらに汗をかくという悪循環にも陥ります。

 

 

手掌多汗症による手汗は、交感神経が過敏になることが主な原因で、
緊張や不安が交感神経に伝わり体温調節機能に作用して多量の汗をかくものです。
そのため、手汗を抑えるためには、交感神経の機能を断ち切る手術が有効とされています。

 

手のひらに行う手術と思われがちですが、実際には発汗異常の原因となる胸部の交感神経を切除するものになります。
腔鏡下胸部交感神経遮断術という長い名称が付けられていますが、脇の下あたりに数ミリ程度の極小さな穴を開けて、
腔鏡と呼ばれる極細の内視鏡を挿入して交感神経を断ち切るという比較的単純な手術です。

 

所要時間も30分程度と短く、入院の必要もほとんどないことから仕事への影響もありません。
また、手術後の傷痕もほとんど残らないため安心です。

 

交感神経を切除することで手汗を大きく改善できる治療法ですが、
個人差もあるため全てのケースにおいて症状が良くなるわけではないみたいです。
また、手術の副作用として、背中や胸、お腹や腰回りなどの部分から多量の汗をかくようになることがあります。
一般に代償性発汗と呼ばれており、手術を受けた人に高い割合で発症する副作用です。

 

手術を受けた人全てに副作用が起こるというわけではありませんが、
代償性発汗をはじめ、手術後に頭痛や喉の渇きを感じる人も少なくなくて、
手術を受ける前に十分理解しておく必要があります。
切除した交感神経は二度と元に戻すことができないため、手術は最終手段と考えて、
症状が軽いうちに他の方法で治療するようにしたほうが・・・。

 

いろいろネットで調べてみたらけっこう手汗対策のケア用品ってあるんですね。
その中で口コミ評判のいいファリネという商品があったのでいま検討中です。